川崎区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(川崎区)―

大島 康男 院長/おおしま内科(川崎駅・内科)の院長紹介ページ

大島 康男 院長

YASUO OSHIMA

糖尿病をはじめとした生活習慣病を、
食事と生活習慣指導を中心とした治療で改善に導く

東邦大学卒業後、神奈川県内にある複数の医療機関で研鑽を積み、2010年におおしま内科を開院(JR「川崎駅」より徒歩2分、「京急川崎駅」より徒歩1分)。

大島 康男 院長

大島 康男 院長

おおしま内科

川崎区/駅前本町/川崎駅

  • ●内科
  • ●糖尿病内科

増え続ける糖尿病患者、入局直後から治療に力を入れて学ぶ

大島 康男 院長

私の父は下北沢で商売をしていました。実家の商売とは違った道で人の役に立ちたいと考えて選んだのが、医学の道です。東邦大学卒業後は研修を受けた後、神奈川県内にあるいくつかの医療機関で研鑽を積み、当時川崎市内にあった川崎市社会保険病院での勤務を経て、2010年におおしま内科を開院致しました(JR「川崎駅」より徒歩2分、「京急川崎駅」より徒歩1分)。その後、患者さんの利便性の高い場所で診療したいと考え、2014年に今の場所に移転しました。
大学卒業後、特に専門に学んだのは糖尿病疾患。入局した医局の恩師との出会いがきっかけで学び始めました。当時は患者さんもそれほど多くない疾患でしたが、インスリンの効き方など薬の効果もはっきりしていて、治療経過が目に見えて分かるため学ぶことに魅力を感じましたね。病態が分かりやすいため、基本を理解していると病気の治療を進めやすいのが糖尿病の特徴です。昔と比べると治療方法も進歩していて、薬もこの10年ほどの間に劇的に変化しましたね。

開院当初から検査・指導プログラムの充実に力を注ぐ

大島 康男 院長

当院の診療科目は内科と糖尿病内科です。風邪などの体の不調から糖尿病、高血圧症、高脂血症、肥満などの生活習慣病まで幅広く診療をおこなっています。特に糖尿病治療は食事療法から生活習慣の指導、服薬、インスリン療法まで幅広い治療に対応しています。眼科など外部の医療機関との連携も可能ですので、合併症など重篤な症状の方にもすぐに対応できます。生活習慣病でいらっしゃる方がほとんどですので、予防接種や内科の診療は患者さんの体調管理の一環としてやっているという面が大きいですね。
開院の際に力を入れたのは、検査設備・指導体制の充実です。生化学検査や血清検査など、糖尿病や生活習慣病に必要な検査設備は一通り揃え、インスリンや甲状腺ホルモンに関わる検査は1時間程で結果が分かるなど、中小の総合病院に比べても遜色ない体制が整っています。検査室のほかにも看護師指導室と栄養指導室をそれぞれ2部屋ずつ設けていますので、患者さんのプライベートにも配慮して生活指導を受けていただくことができるのも大きな特徴です。
患者さんは30代以降の幅広い年代の方が受診されています。糖尿病の場合は膵臓のインスリンを出す細胞が壊れてしまうことによる、1型糖尿病と生活習慣による2型糖尿病があるのですが、若い方は1型の方がほとんどです。また、糖尿病に関しては遺伝的要因もありますので、身近な方が罹患していた場合には発症することも十分考えられるので注意が必要です。ほかの生活習慣病では、やはり健康診断などで数値の異常を指摘されて受診される方が多いですね。近隣からいらっしゃる方のほか、糖尿病疾患では江東区からみえる方もいらっしゃいます。研究の参考にしたいと、製薬会社から薬の使い方や治療の様子を見学に来られることもありますよ。
検査の結果、合併症の可能性がある場合や手術による対応が必要な場合には、外部の医療機関を紹介しています。ただ、合併症も患者さんの病態により必要な治療は変わります。例えば糖尿病網膜症にしても難しい手術が必要な場合、簡単な手術で済む場合、定期的な検査で良い場合とさまざまです。症状に合わせて適切な医療機関をご紹介いたしますのでご安心ください。

食事と生活習慣指導を中心とした治療を大切にする

大島 康男 院長

糖尿病の治療はただ血糖値を下げるのではなく、生活習慣を改善して薬を減らしつつ数値を安定させることが大切です。そのために当院が大切にしているのが、食事と生活習慣の指導です。栄養士による食事指導のほか、看護師の半数以上は糖尿病療養指導士の資格を持ち、生活改善プログラムを充実させています。ですからお薬や注射は症状に応じて補助的に使う感じですね。日頃の生活では食事と運動、体重管理をいかにするかが大切です。
糖尿病は何もせずに放っておくと合併症で失明をしたり手足が壊疽してしまう病気です。今でもそうした方はまだまれにいらっしゃいます。ただ、早期のうち治療を始められればそこまで悪化することはほとんどありません。また、発症してしまった場合でも形成外科での手術などで対応できますし、重篤になっても時間はかかりますが改善することが可能です。血糖値調整のためにインスリン注射を使っていても、適切に管理する事で注射が必要なくなる場合も多いですよ。一旦数値を下げてインスリンを使わなくするということは良くあるんです。その場合にもお薬と食事指導が鍵になりますね。

体重のコントロールが大きな鍵、妊婦さんの体調管理もおこなう

患者さんへの指導で大切にしているのは、体重のコントロールです。その人の体重を見て、標準体重から計算するんですが、適正体重は人によって違ってきます。少なめでいいという方もあれば少し多めの方がいいという方もいらっしゃるんです。また、日頃の運動量によっても適正体重は変わってきますので、食事以外の生活習慣についてもお聞きすることは必要不可欠ですね。その上で患者さん1人ひとりに合わせた目標を設定し、その目標値に向かって食事をうまくコントロールすることを大切にしています。
糖尿病は放っておくと突然死したりすることもある怖い病気ではありますが、適切に管理していけば普通に生活を送ることが可能です。若い女性の場合、妊娠をきっかけとして産科での検査で糖尿病であることがわかる方も多いのですが、1型の糖尿病を患っている女性の方でも妊娠出産をされる方もいらっしゃいますよ。治療しながら体調管理をおこなうことで問題なく出産されています。ただ、妊娠中は赤ちゃんとお母さんの体が優先しますので、体重管理は優先せず、お薬とインスリンなどを使い病状をコントロールします。妊娠中の糖尿病は巨大児になってしまうなど赤ちゃんへも影響が出ますので、必ず専門医のところで適切に管理してほしいですね。

これから受診される患者さんへ

糖尿病や高血圧は「生活習慣病」という名前が示す通り、日頃からの生活習慣が大きく影響する病気です。ですから、患者さんに病気や薬のことを理解していただくことは治療に必要不可欠です。診察の際にはしっかりとした説明を大切にしていて、例えば、糖尿病であれば体重とインスリンの効果や抵抗性についてお教えしています。診察でもご説明しますが、改めて看護師指導室で看護師の方からもお話しします。医師とスタッフが協力して患者さんの治療にあたるのが当院のモットーの一つですね。
健康診断で数値に異常がでたり、要再検査と言われた方はもちろんですが、実際に糖尿病を抱えている方や治療中の方も大丈夫です。なるべく薬を減らしたい、食事と運動で病気をコントロールしたい、糖尿病のインスリン注射を中止したいといった方はおいでいただきたいですね。普段の食生活や生活習慣についてどうしていいかわからないという方もお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

大島 康男 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:読書
  • 好きな作家:司馬遼太郎
  • 好きな映画:時代物

グラフで見る『大島 康男 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

おおしま内科

川崎区/駅前本町/川崎駅

  • ●内科
  • ●糖尿病内科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声